トレード学

FXで勝つためにする勉強とは?!学ぶ必要について

「頑張れば、自分なら何でも出来る!」

例えば学生時代、希望の大学に行きたいから毎晩長時間勉強したり、部活でレギュラーになりたいから朝から晩まで練習したり、モテたいからバンド組んでギターを練習したりなどなど、誰でも頑張って取り組んだ経験が1つくらいは思い当たりませんか?

わたしなんか、「ほんとがんばってたなー」て思うこと結構あったりします。(結果は別として・・・。)
正直、社会人になった今でも、サラリーマンとして給料を多くもらいたい、出世したい、大きな契約を取りたい、後輩に負けたくないなど、欲望を原動力にしてラットレースの真っ最中です。

でも、なぜ頑張ったのでしょうか。

それは、今の自分にとって「頑張らないと届かないこと」だったからじゃありませんか?

その先の成功を夢見て、それを原動力にひたすら努力し勉強し続ける。
結果がどうなるとかではなくて、努力し勉強するからこそ自分の中での納得できる結果が導き出せる。そんな気になってたかもしれません。

FXでトレードするのも、やはり同じではありませんか?

FXで勝つためには勉強が必要

FXは世界中のプロトレーダーと戦っている

インターネットの普及やスマートフォンのおかげでFX自体がとても身近になりました。そのため、FXを始めたいと思って入金すれば、簡単に実践トレードが可能となります。FXのトレード方法も、ネット上の情報や本などで簡単に手に入ります。
「FXは簡単に稼げる」などの情報が沢山あるため、そう思わされてしまったりしまいます。

そのため、ネット上の情報と1冊のトレード本を読んだだけで、稼げそうな気になりトレードを開始してしまう方が多くいます。

しかし、FXは世界中のトレーダーとお金を賭けて勝負している世界です。

そのトレーダーには、私たちのような一般投資家だけではなく、プロのトレーダーや政府系銀行、ヘッジファンド、輸出入企業など国や大手銀行、大手企業などとなります。

ゼロサムゲームであること

ゼロサムゲームとは、複数の参加者が存在する中で、それぞれの得失点の総和(サム)が、常にゼロであるというゲームをいいます。

為替相場は、まさにゼロサムゲームで、勝っているものがいれば、その裏では負けているものがいる。それは言い換えれば、弱いトレーダーは、強いトレーダーの餌食にされる世界だということです。

FXを始めた理由を思い返す

FXを始めた動機は、ひとそれぞれだと思います。
でも、その目標は全員同じで、勝つことです。

FXは稼げます。これは事実です。
金額もサラリーマンの一生分を遥かに超える可能性だってあります。

でも、FXは簡単には稼げません。ましてや、本1冊読んだ程度では絶対に勝てません。

勝つためには、やはり今まで経験してきたような感覚と同じで「頑張らないと届かないこと」だと認識すべきです。

生き残っていれば見える世界

「経験という勉強に専念すること」

誰しも勝つためにトレードを始めています。しかし、何事も最初から勝てるほど甘くはありません。
最初は誰でも初心者です。いろいろな経験を積み、学び、そして徐々に成長していく。
その過程は、やはり時間もかかります。

FXも同じです。

ですが、FXを学ぶためには資金が必要となります。ほとんどの方が限りある資源をもとに、学ばなければなりません。そのためFXでは、少しでも多く経験を積み、学び成長するために、長く生き残ることが重要となります。
最初は儲けることは忘れて、資金を失わないようにすることだけに集中し、経験していくことで、勝ちトレーダーになる方法が見えてくるはずです。

ゼロサムゲームで勝つ方法

ゼロサムゲームで勝つ方法は、「負けないこと」です。負けなければ他の誰かが負けます。

FXは、買いからでも売りからでもエントリーが可能で、取引時間や保有期間などに縛られず自由に取引が可能です。そのため、プロトレーダーと真っ向勝負を避けることも可能となります。
スポーツのように、すべてが同じ土俵で行われるような場合だと、プロに勝つ可能性なんて想像しただけで絶望的ですよね。でも、FXは自分の土俵で戦えます。

そして、自分の土俵で厳選したトレードを繰り返すと、自分の得意パターンや苦手なところ、確率が低いところなど、とても重要な情報が集まります。

その情報こそが、FXで負けないための方法となります。

まとめ

FXで勝つためには、トレードを厳選し、「得意とする優位なトレードのみエントリーする」ことで経験出来ることがこそが最高の勉強材料であり、これを繰り返し学ぶことで負けないトレーダーになれる可能性があります。

言い換えれば、勝つトレーダーになる方法となります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です