トレード学

サラリーマンの副業にFXが向いている理由

私が一番FXに魅力を感じたのは、私のようなサラリーマンをしながらでも人生を豊かに出来る可能性を感じたからです。

「サラリーマンをしながら」。社畜にとっては夢のように感じませんか?

最近話題の働き方改革により、政府が副業解禁を促進しています。
そのため、世の中は「副業や兼業」といった情報が飛び交っています。そんな私も収入を増やしたくていろいろ検討してみました。

「平日の仕事終わりにバイトしてみようかな?」

「いや、残業があったらマズいから、土日のバイトにしようかな?」

・・・。

想像しただけで過労でやせ細りそうです。やはりサラリーマンはなかなか時間に余裕がないから今の仕事をしながら、さらに労働は無理ですね。
でも、そんなサラリーマンでもFXなら稼げる可能性があるんです。

今回は、サラリーマンの副業としてFXがなぜ向いているのかを紹介したいと思います。

サラリーマンの副業にはFXが向いている理由とは

24時間トレード可能

やはり、一番の魅力はトレード時間が24時間行えることではないでしょうか。インターネットで取引が出来るので家のPCでトレードが可能です。もっと言えばスマホでもトレード可能です。高性能なアプリがたくさんありますので、PCとそん色なくトレードが出来てしまいます。(私は仕事中も気になってしまうので、スマホでのトレードは苦手ですけど。)
土日はお休みなのでゆっくり休めます。私は土日に行ったトレードの検証をしたりしております。

トレードチャンスが多い時間帯に取引が出来る

FXで利益を出せる可能性が高いのは、取引が活発な時間帯を狙ってトレードすることです。取引が活発だと為替レートも動きやすいため、多くのトレードチャンスに出会えることになります。
そんな活発な時間帯が、ちょうどサラリーマンが帰宅する時間から寝る時間のころまで続いております。

下のグラフは私のトレード時間ですが、帰宅して落ち着けるのがだいたい20時頃からとなります。そのため、20時からトレードの準備に入りトレード計画を立て、だいたい0時にはトレードは終了するようにしております。

私の一日のトレード時間

ロンドン時間とニューヨーク時間が重なる21時~翌2時が相場がの動きが一番活発な時間帯となる。
あわせて各国の重要指標の発表時間も21時~続くため、相場が動きやすい。

●各国の市場オープン時間
 日本時間    :9時~16時頃
 ロンドン時間  :16時~24時
 ニューヨーク時間:21時~翌5時

各国の重要指標発表時間
 21時頃~

少額から始められる

FXにはレバレッジという仕組みがあります。レバレッジとは、テコの原理と同じ意味となります、そのため証拠金額が少なくてもレバレッジを活用することにより、実際の金額よりも大きく取り引きが出来るようになります。
2019年10月現在は、日本国内業者でのレバレッジは最大25倍となります。
そのため、5万円からでも始めることは可能ですし、最初は1000通貨取引で始めるなら1万円から取引が可能です。
最初は、1000通貨取引で練習し感覚をつかんだり、トレード手法を試したりするのもよいと思います。

レバレッジ例

<USD/JPYのレートが1ドル/100円だったとします。>

◆レバレッジ1倍で1万通貨取引
1ドル/100円 * 1万通貨 = 証拠金100万円必要

◆レバレッジ25倍で1万通貨取引
1ドル/100円 * 1万通貨 = 証拠金4万円必要

これがFXの大きな魅力の一つで、少額からでも稼げるチャンスがあるというのはサラリーマンにとっては嬉しい内容ですよね。

※レバレッジについて、注意も必要です!

レバレッジはメリットにもなり、デメリットにもなります。というのも勝っても25倍、負けても25倍となり、大きく勝てる反面、大きく負ける可能性もあるからです。

大きく負けないことがFXトレードにとって重要です。トレードの際には必ずストップロスを設けて、大きく負けないようにしましょう。

収入が何倍にもなる可能性があり夢がある

サラリーマンの収入には限界があります。中には大きく稼いでいる方もおられるとは思いますが、大半の方が生活が裕福ではないと思います。しかし、FXには、サラリーマンでは稼げない金額を稼げる可能性を秘めています。これは紛れもない事実です。
トレードで生計を立てている方も多いのが現実です。

ちゃんとFXを学び取り組めば可能性があります。サラリーマンやってるだけでは、つかむことは出来ませんよ。挑戦してみるだけでも価値はあるのではないでしょうか。もしかしたら、通勤時の満員電車に1時間以上揺られなくてもよかったり、海外旅行に行きたいときに行けたりと、そんな風になれるのではと思うと色々夢が膨らんじゃいます。

世界経済に詳しくなれる

FXトレードで利益を出すためには、通貨の価格変動が不可欠です。この価格変動は世界各国での通貨の取引によるため、各国の経済状況や経済活動、政府や銀行の動向などが要因となります。

したがってFXを学んでいくということは、世界経済を学ぶことになります。大きな値動きの要因を調べたら、重要な経済指標の発表の意味や理由など、世界で起こっている様々な出来事が価格変動に影響を与えていることが分かってきます。

相場分析をするにあたり、チャートを利用したテクニカル分析の他に、ファンダメンタルズ分析があります。このファンダメンタルズ分析というのが、世界経済の動きを分析することです。長期保有するトレードをしているトレーダーが特に重要視している分析方法となりますが、トレードするなら必ず情報が必要となるため、必然的に世界経済に詳しくなれます。

サラリーマンなどで、世界経済の話題などが雑談レベルでも出来るようになったりと、FXだけに限らず知識としてレベルアップできるのではないでしょうか。

まとめ

時間にとらわれない、雇われるストレスを感じない、自己責任で出来る、可能性を秘めている、メリットの多くはサラリーマンこそが副業として取り組んでみることにピッタリだと思います。

デメリットのリスクは、メンタルなどの管理の徹底で防げる可能性があります。そう思うと、副業で夜間バイトを検討するなら、一度FXを学んで、取り組んでみる価値があるのではないでしょうか。

FX以外にも副業に向いている投資をご紹介

仮想通貨

■ビットメディア

資産運用について分かりやすく紹介しているサイトとなります。ぜひ参考にしてみて下さい。

 

資産運用

■資産運用HACKS

仮想通貨について分かりやすく紹介しているサイトとなります。ぜひ参考にしてみて下さい。

 

資産運用

■株のスタートアップガイド

投資を始めたい人、始めたばかりの人を徹底サポートしており、まったくゼロからでも学べるブログとなります。ぜひ参考にしてみて下さい。

FXだけではなく、自分が挑戦出来そうな投資や資産運用などを副業として検討するのも一つの方法だと思います。

他にもご紹介出来る副業サイトは都度掲載予定ですので、参考にしてみて下さい。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です