トレード学

あなたのエントリーポイントは正しいですか?

FXトレードを始めたばかりのころ、自分がエントリーするポイントが本当に正しいのか悩んだ時期がありました。
色々な本を読んで勉強しても、実際のチャートを見るとエントリーするポイントが分からなくて不安になったり、間違いないと思ってエントリーしたのに負けたりしたりして余計に分からなくなったりしました。
そうすると、エントリーポイントが近づいてくるといつも思うんです。自分が見ているエントリーポイントは正しいのかなって。

皆さんは自信をもってエントリー出来ていますか?

ここでは、自信を持ったエントリーが出来るように、そのポイントについて考えていきます。

エントリーポイントを考える

トレンドに順張りこそ市場参加者と同じ目線

トレード手法は人それぞれかもしれません。なので意見も分かれるところだと思いますし、順張りと逆張りどちらも正解だと思います。
なぜなら、見ているものが違うからです。同じ通貨でトレードをしようとしていたとしても、見ている時間軸や狙っているポイント、値幅、もしくはトレード資金など、それぞれ異なります。
そのため、市場では買っている人がいれば、逆に売っている人もいる。

そんな相場にも、道しるべになることがあります。それがトレンドです。トレンドは市場参加者が見ている方向とも言えます。

そう聞いてから、過去のチャートを見てみると、上昇トレンドや下降トレンドを見つけることが出来ると思います。

トレンドを見ていると勝てるイメージが湧いてきませんか?
トレンドのスタート地点でエントリー出来なくても、途中からエントリーしたとしても、勝てそうな気がしませんか?

その見えたイメージはやはり、トレンドに対し順張りではないでしょうか。

チャートは、市場参加者の見ている方向を示しています。その方向が分かるのと分からないのでは、エントリーの根拠に大きな影響があると思いますので、エントリーの方向の根拠として活用してみて下さい。

戻り売り?押し目買い?どっち?

トレードをしていて、抵抗線や支持線がうまく引けた時って、自分の中で間違いないエントリーポイントが見つかった気がしてうれしくなりますよね。
そして、戻り売りや押し目買いを狙って、その転換点にチャートが近づくのが楽しみで、わくわくと相場を観察してしまいますよね。

そのポイント、本当に戻りですか?押し目ですか?

FXを始めて、戻りだと思ってエントリーしたら、チャートが逆行して行った。押し目だと思ってエントリーしたら、これまたチャートは逆方向に。
当時、FX業者のシステムが自分トレードを監視していて、資金をむさぼりとっている!なんて本気で思っていました(笑)

でも、違ってたんですよ。

見ている時間軸が、小さすぎたんです。5分足をメインにトレードしていましたから、トレンドが沢山発生して忙しくて楽しかったんですけど、単なるポジポジ病なだけでした。
私の場合、ポジポジ病のせいで気づくのが遅れ、資金の大半を無くしてしまいましたが、そのトレードを4時間足を見たらトレンド逆だったんです。
人ってチャンスと思ったら、チャンスにしか見えなくなってしまうんでしょうね。

トレンドを見つけるときは、長期足で確認が必須です。

人生でも、一歩引いたら見えてきたり、なんて似たような場面あったりしますよね。

利益を伸ばせるエントリーポイントである

トレンドに順張りでエントリーするメリットて大きいんです。

相場参加者の方向に乗っかるので、おのずと利益方向に相場が伸びやすいと考えられます。

上昇トレンド時のチャートを確認した際に、過去何度も反発しているポイントがあった場合、再度反発する可能性が考えられます。なぜなら、相場参加者も同様にそのポイントを意識しているからです。
そういうポイントが上にある場合を除いたら、やはり相場はそのまま上昇を続ける可能性の方が高いと予想できます。

エントリー根拠を決めやすくする

トレードの記録が重要という記事を書いています。まだ読んでいない方はぜひ読んでみて下さい。

FXトレードは記録が必須!ノートに書く内容とはFXを学んでいて気付いたことがあります。それは、勝っているトレーダーが皆行っている習慣があるということ。 「FXのトレードを記録す...

トレードを検証する際に、とても重要となるのが、トレードにおける根拠です。それは、自分がトレード中に見て、感じて、考えていること、いわば自分のトレード手法を確認する唯一の方法となります。

良いトレードや悪いトレードは、勝った負けたという結果を指しているのではありません。勝ったとしても、悪いトレードは必ず存在します。なぜなら、FXトレードは1回のトレードの結果ではなく、長期的に勝つためにやっているらかです。

その検証を繰り返し行うことで、自分を勝ちトレーダーに近づけていくことが出来ます。

その検証で、とても重要な要素となる、エントリー根拠のポイントというのが明確に見えているトレードが出来ることは大変重要なことです。

損切りラインを狭く設定出来る

トレンドの定義は、上昇トレンドの場合、右上がりの波でチャートを形成し、その形成する波は高値を更新して行き、波の谷となる安値は前回の安値を下回らない。
有名なダウ理論です。
この理論をもとに、エントリーポイントを考えた場合、損切りポイントを決めることが出来ます。

例えば、損切りラインは前回安値のチョイ下です。
なぜなら、トレンドの定義が高値を更新し前回安値を下回らないからです。
これを利用すれば、根拠のない損切りラインを設定する必要もなくなり、損失額が想定の範囲内に収まるようになります。

エントリーポイントのまとめ

エントリーポイントというのは、FXのトレードにおいて大変重要です。もし、勝てていなかったり、エントリーポイントが良く分からない方は、そのポイントを再度見直し、エントリーする前に立ち止まって、「ここが本当にエントリーポイントなのか?」と考えて下さい。

FXはプロと戦っている世界です。9割が退場すると言われていますし、実際に退場している世界です。
そう思うと、相場参加者と同じ目線でトレードすることは、負けることのようにも思えます。
でも、本当に自分のエントリーポイントは相場参加者と同じ目線になっていますか?
相場参加者と同じ目線でトレードすることが出来てから、その先がもっと見えてくると思います。

まずは相場参加者の目線を知ることを意識し、日々のトレードのエントリー根拠を考えること、そんなきっかけになれば幸いです。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です