チャート分析

【ライン際の攻防】水平ラインでトレードポイントが見えてくる

FXトレードにおいて、ラインを正しく引けるということは、非常に重要となります。どんなテクニカル手法やシグナルよりも効果があり、基本中の基本となります。

なぜなら、相場参加者のほとんどが基本的にラインを意識してトレードしているためです。言い換えると、「皆が意識する場所=みんな見ている場所だから何かアクションが起こる可能性が高い場所」となります。

このライン際では売り買いが頻繁に行われるため、注意すべきポイントとなります。
なにも引いてないチャートとラインの引かれたチャートを見比べたとき、ラインの引かれたチャートは視覚的にポイントがわかります。

また、トレードのプランを立てるのにも有効となります。
エントリー場所、決済場所、損切場所というのはすべてトレードプランであらかじめ検討し、決めておく必要があり、そのポイントを視覚的に示しているのが、ラインとなります。

逆に、誤ったラインを引いてしまった場合、トレードポイント自体が間違ってしまうことに
なります。そして、ラインにより先入観が生まれ、間違っていることに気づけなくなる恐れもあります。
エントリー直後に含み損を抱えてしまう場合は、ラインを引いている場所に誤りがある可能性が高いですので、今回の記事を参考にしてみてください。

水平ライン

水平ラインとは

水平ラインとは、チャート上に水平に引くことが出来る線(ライン)のことです。
このラインは、チャートの形状そのものを基準として引くため、ラインを正しく引くことが出来れば、他の相場参加者と同じラインを引くことが可能となります。

水平ラインを引いてみよう

では、実際のチャートを見るとイメージが沸きますので、下のチャートで水平ラインを考えてみましょう。

(※チャートは、すべてDMMFXチャートを引用)

 

↓↓↓↓↓

 

 

 

どうでしょうか。

何本引けましたか?

最初は、出来る限り沢山引いて、機能しているラインを残すというほうが良いかもしれません。
引きすぎるとチャートが見にくくなってしまいますし、迷いを生じてしまう原因となってしまいます。

ラインはシンプルに、「素直に引ける場所」というのが、多くのトレーダーが引いているラインに近いものとなる可能性が高いです。

実際に水平ラインを引いてみると、チャートが少し簡単に見えてきませんか?
もしくは、少し法則のようなものが見えるようになりませんか?

 

では、水平線を引く時のポイントをご紹介していきます。

ラインは「チャートそのものに引く行為」というのが重要

インディケーターなどとは違い、「チャートそのものの形状に引く」というのが重要なポイントになります。相場参加者の誰もが同じ水平線を引き、意識しるポイントになるため、水平ラインは機能しやすく、機能される度に益々効果が強くなるという性質を持っています
この水平線は、上位足であればあるほど、ラインの重要度が高くなり意識されます。

水平線を引くポイント

直近の高値・安値

誰もが意識する場所の中で、やはり直近の高値・安値は需要なポイントとなります。

まず、

①現在値の位置がどのような場所にいるかを確認します。

②直近の安値・高値を確認します。

高値・安値が確認出来たら、ラインを引きます。

ラインを引いてみると気づくことがあります。

直近の高値・安値は、過去にも何らかのポイントになっている場所が多いです。

過去に有名なチャートパターンが存在する場所

高値となっているポイントは、ラインを引いてみると、過去でも高値となっており、その原因が有名なチャートパターンを形成していることがあります。

今回のチャートでは、ヘッドアンドショルダー(三尊)を形成しているのが分かります。

これのヘッドアンドショルダーが意識され、今回もこのラインで売り買いの攻防が再度起こることが予想できるため、意識され三回上値を試す動きをしています。

前日の高値・安値(前々日の高値・安値)

過去の高値・安値のうち、デイトレードをする上で、前日の高値・安値、前々日の高値・安値も同様にチェックしておきましょう。

相場参加者の多くが、意識するポイントになるからです。

何回も反発している場所

何度も同じライン上で反発を繰り替えすポイントがあります。

これは水平ラインの特徴で、多くのトレーダーが同じチャートを見て、同じ場所に水平線を引いて意識していることの裏付けとも言えますが、水平ラインは、反発される回数が多ければ多いほど、更に効いてくるという特徴があり、何度も反発するラインは信頼性も高く、反転を狙ったトレードポイントにも有効です。併せて、損切りポイントも決めやすいので、エントリーするポイントとしては優位性が高いポイントではないでしょうか。

レジサポ転換(押し・戻り)

上昇トレンドの場合、レジスタンスライン(抵抗線)が機能し反発していたチャートがブレイクした場合、今まで反発していたラインが支持線として機能し始めます。このラインをサポートライン(支持線)と呼びます。(下降トレンド中は逆)

これはレジサポ転換と呼ばれ、頻繁に出現しますので注目すべきポイントとなります。

これを利用したのが、押し目買いや戻り売りとなり、非常に有効なエントリーポイントとなります。

ダブルゼロ・トリプルゼロ(ラウンドナンバー)

チャート上で、ちょうどキリの良い数字である「000」や「500」に近づくと相場の勢いが弱まったり、抜けたり、反発すると急伸すしたりする。

これは、トレーダーの心理が相場に反映して起こるもので、キリの良い場所というのは、自然と人間が意識するポイントとなるからだと思われます。

このラウンドナンバー付近でのトレードには注意をしていた方がよいポイントとなります。

水平ラインが引ける場所は、売る理由・買う理由が存在する

このように、どの水平ラインでも言えることですが、例えば、直近高値に注目したときに、相場の動きの理由を過去のチャートから知ることが出来ます。直近で止められた場所は、過去にも同じように売り買いの攻防が行われている可能性が高いからです。

売り買いの攻防があるということは、そのラインにエントリーや決済、損切りポイントなどの売る理由や買う理由が存在するということになります。

チャート分析をする際に、過去止められているポイントの売り買いの攻防の理由を考えることも重要だということが分かってくるのではないでしょうか。

水平ラインを引いてみよう

今まで見てきた水平ラインのポイントを参考に、再度実際のチャートを見てみましょう。

不思議とラインが頭の中に描けるようになっていませんか?

トレードの計画に水平ラインを活用しよう

トレードの計画を立てる際、水平線を活用し相場全体の把握に役立てましょう。

  1. 現在値はどのラインにいるのか
  2. 直近の高値・安値にラインを引いてみる
  3. 売り買いの攻防はどこで発生しやすいのか
  4. 売る場所・買う場所を検討
  5. トレードレンジで利益幅を確認

まとめ

水平ラインを引くことにより、自分の得意な場所なのか、利益幅はどのくらい狙えるのか、エントリーするべきポイントなのか、などいろいろな検討が可能となります。

また、水平ラインは、相場参加者のほとんどがラインを意識してトレードしているというのが一番ポイントではないでしょうか。

「皆が意識する場所=みんな見ている場所だから何かアクションが起こる可能性が高い場所」となります。

相場がどちらに動くのかを事前に知る術はありません。

だからこそ、優位性のある方向を考えれる水平ラインはFXトレーダーにとってとても有効な術ではないでしょうか。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です